アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

広島生まれのアウトドアメーカー

Q&A – マット

N-VANにおすすめの車中泊マット?車内のサイズはどうなってる?

Q&A

N-VANにおすすめの車中泊マットはこちら!
※画像を押すとマットの詳しい情報が見られます。

8cmマットの詳細 全長190cm・幅65cm

Bears Rock 車中泊マット MT-108

N-VANの座席を倒して車内の広さを調べてみると、長さは約240cm、幅は最も狭いところで約90cmです。
数値だけでみるとマットを敷けるのは一枚です。
N-VANは助手席と後席が完全に床の中に収まるので、そこに寝る形になります。
もし、2枚敷きたい場合は運転席の背もたれを倒して、その高さに合うように、助手席や後席の位置にベッドのようなものをくみ上げる必要があります。

実際にマットを入れてみると助手席があったところに余裕を持って1枚敷くことができます

寝心地については床がキレイなフラットになっているので気になる点がなく、張りのあるマットの気持ち良さをそのまま感じることができます
実際にN-VANにマットを敷いて寝てみましたのでぜひご覧ください。

タフトにおすすめの車中泊マット?車内のサイズはどうなってる?

Q&A

タフトにおすすめの車中泊マットはこちら!
※画像を押すとマットの詳しい情報が見られます。

8cmマットの詳細 全長190cm・幅65cm

Bears Rock 車中泊マット MT-108

タフトの後席を倒して車内の広さを調べてみると、長さは約200cm、幅は最も狭いところで約100cmです。
数値だけでみるとマット2枚が収まるか気になるところです。

最も幅が狭いところは荷室の開口部分の僅かなところで、この部分だけマット2枚敷いた時に浮き上がるようになってしまいます。
しかし、他の部分については全く問題なく、ほぼ2枚きれいに収まると言っていいでしょう。

タフトは前席を倒したときに、背もたれ部分に段差が生まれてしまいますがこの8cmマットを敷けば全く気になりません。
寝心地がとても良くて快適ですよ。

実際にタフトに2枚並べて試した動画を用意していますのでぜひ見てください。

ジムニーにおすすめの車中泊マット?車内のサイズはどうなってる?

Q&A

スズキのジムニーで車中泊をしたい人、ぜひ参考にしてください
ジムニーといえば個性的な見た目で本格的にオフロードを走れる大人気車種。
そんなジムニーで旅に出て車中泊をしたいという方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
そこで車中泊を快適にするための重要アイテム、車中泊マットを試してみました。

ジムニーの後席を倒して車内の広さを調べてみると、長さはシフトノブのあたりから荷室の端までは約165cm、助手席のダッシュボード付近だと約188cm。幅は最も狭いところで約115cmです。
数値だけでみるとマット2枚が収まるか気になるところです。特に長さ方向でマットがはみ出しそうでした。

しかし実際にマットを入れてみると、2枚敷くことができました
長さ方向についてはグッと押すように入れると意外と奥まで入りますし、幅についてもマットの連結部分が重なって、まさにピッタリ収まりました。

気になる寝心地ですが、前席を倒したときに生まれる背もたれの凸凹を見事にマットが解消してくれます。
これなら気持ちよく寝れること間違いなしです。

実際にジムニーに2枚並べて試した動画を用意していますのでぜひ見てください。

 

ジムニーにおすすめの車中泊マットはこちら!
※画像を押すとマットの詳しい情報が見られます。

8cmマットの詳細 全長190cm・幅65cm

Bears Rock 車中泊マット MT-108

ワゴンRにおすすめの車中泊マット?車内のサイズはどうなってる?

Q&A

スズキの軽自動車・ワゴンRで車中泊をしたい人、ぜひ参考にしてください
車中泊を快適にするための重要アイテム、車中泊マットを試してみました。


ワゴンRの後席を倒して車内の広さを調べてみると、長さは約210cm、幅は最も狭いところで約110cmです。
数値だけでみるとマット2枚が収まるか気になるところですが、ちょうど連結部分が重なってキレイに2枚おさまりました
まさにピッタリという表現が当てはまります。
ワゴンRは前席を倒したときに、背もたれ部分に段差が生まれてしまいますがこの8cmマットを敷けば全く気になりません。
寝心地がとても良くて快適ですよ。

実際にワゴンRに2枚並べて試した動画を用意していますのでぜひ見てください。

 

ワゴンRにおすすめの車中泊マットはこちら!
※画像を押すとマットの詳しい情報が見られます。

8cmマットの詳細 全長190cm・幅65cm

Bears Rock 車中泊マット MT-108

ハスラーにおすすめの車中泊マット?車内のサイズはどうなってる?

Q&A

ハスラーにおすすめの車中泊マットはこちら!
※画像を押すとマットの詳しい情報が見られます。

8cmマットの詳細 全長190cm・幅65cm

Bears Rock 車中泊マット MT-108

ハスラーの後席を倒して車内の広さを調べてみると、長さは約210cm、幅は最も狭いところで約110cmです。
数値だけでみるとマット2枚が収まるか気になるところですが、ちょうど連結部分がキュッとなってキレイに2枚おさまりました
まさにピッタリです。
ハスラーは前席を倒したときに、背もたれ部分に段差が生まれてしまいますがこの8cmマットを敷けば全く気になりません。
寝心地がとても良くて快適ですよ。

実際にハスラーに2枚並べて試した動画を用意していますのでぜひ見てください。

ハリアーにおすすめの車中泊マットはどれ?車内のサイズはどうなってる?

Q&A

ハリアーにおすすめの車中泊マットはこちら!
※画像を押すとマットの詳しい情報が見られます。

8cmマットの詳細 全長190cm・幅65cm

Bears Rock 車中泊マット MT-108

ハリアーの後席を倒して車内の広さを調べてみると、長さは約250cm、幅は最も狭いところで約100cmです。
幅が結構狭いので2枚敷けるか気になるところですが、グッと押し込むと少しシワができますが、2枚敷くことができます
気になる寝心地は抜群で気持ちよく寝られますよ。

実際にハリアーに2枚並べて試した動画を用意していますのでぜひ見てください。

ヴォクシーに最適な車中泊マットのサイズは?

Q&A

ヴォクシーに最適な車中泊のマットのサイズは、(約)長さ190cm×幅65cmです。

2列目と3列目のシートを倒してマットを2枚敷くと車内にすっぽり収まります。

厚さは8cmあるマットが車中泊に適しています

ヴォクシーと同サイズのステップワゴンにマット2枚を敷いてみました。

 

セレナに最適な車中泊マットのサイズは?

Q&A

セレナに最適な車中泊のマットのサイズは、(約)長さ190cm×幅65cmです。

2列目と3列目のシートを倒してマットを2枚敷くと車内にすっぽり収まります。

厚さは8cmあるマットが車中泊に適しています

セレナと同サイズのステップワゴンにマット2枚を敷いてみました。

 

エクストレイルに最適な車中泊マットのサイズは?

エクストレイルに最適な車中泊のマットのサイズは、(約)長さ190cm×幅65cmです。

後席のシートを倒してマットを2枚敷くと車内にちょうどいい大きさになります。

SUVタイプの車は後輪のタイヤハウスが出っ張っています。その部分が狭くマットをギュッと押し込んで敷くようになり、

少しシワができますが、後席から荷室にかけてきれいにマット2枚が収まります。

厚さは8cmあるマットが車中泊に適しています

エクストレイルに近い形状・寸法の車種でマット2枚を敷いてみました。

ステップワゴンに最適な車中泊マットのサイズは?

Q&A

ステップワゴンに最適な車中泊のマットのサイズは、(約)長さ190cm×幅65cmです。

2列目と3列目のシートを倒してマットを2枚敷くと車内にすっぽり収まります。

厚さは8cmあるマットが車中泊に適しています

実際にステップワゴンにマット2枚を敷いてみました。

 

ハスラーに最適な車中泊マットのサイズは?

Q&A

ハスラーに最適な車中泊のマットのサイズは、(約)長さ190cm×幅65cmです。

これを2枚敷くと幅方向が若干きつく感じるかもしれませんが、少し押し込むと、きれいにマットが収まります。長さでは前席から後席までぴったりです。

厚さは8cmあるマットが車中泊に適しています

同じスズキ製の軽自動車でマット2枚敷いて試してみました。

ソロキャンプのマットはどれがいい?

Q&A

ソロキャンプで使用するマットにはインフレータブルマットがいいです。寝心地がよく冷気遮断効果があり、厚さによっては携帯性も優れるのでインフレータブルマットがおすすめです。
他にマットでは銀マットや山登りによく使われる折りたたみマット、エアーマットなどがあります。
銀マットや折りたたみマットは軽く耐久性があるのが利点ですが、寝心地が固めで収納状態は意外に大きく、乗り物で移動するのであれば軽いというメリットが薄れるので、もう少し寝心地を重視していいのではないかと思います。
エアーマットはポンプで空気を入れるタイプになりますが、別途ポンプを用意しなければならないのと、マットに体を預ける寝てみると、マット自体が揺れるので実は寝心地がよくなかったりします。
ソロキャンプでは基本はインフレータブルマットで、荷物の積載などに問題がなく機動性重視であれば折りたたみマットがおすすめです。

車中泊におすすめのマットは?

Q&A

車中泊おすすめマットは、厚さ8cmのインフレータブルマットです。
車内でシートを倒して寝てみると、シートの形状がかなり凸凹していることがわかります。
これでは実際にはとても寝られないので、この凸凹を解消するためにマットが必要となります。
マットについては様々な種類があり、選ぶのが難しいかもしれませんが、
最もおすすめなのはインフレータブルマットで厚さ8cmのものです。このぐらいの厚さのマットになると、
シートの凸凹を相当和らげてくれますし、シート自体にハリがあって寝心地がいいです。

 

 

実際にマットを色々敷いて比較してみました!⇒ アルファードにおすすめの車中泊マット-徹底比較してみた

キャンプに使われるインフレーターマットってなに?

Q&A

インフレーターマットとは空気を吸入し膨らむマットのことです。
キャンプで使われるインフレーターマット(インフレータブルマット)は、中はウレタンが入っていてしっかりと体を支え、地面の凸凹を和らげてくれます。
どんなに優れた寝袋を使ってもマットがなければ快眠できないでしょう。寝袋を買うときに一緒に揃えてくとよいです。

キャンプにマットレスは必要?

Q&A

キャンプにはマットレスは必要です。おすすめのマットレスはインフレータブルマットです。
インフレータブルマットは空気を吸入し膨らむマットで、マットの中はウレタンが入っているのでしっかりと体を支え、地面の凸凹を和らげてくれます。

 

◎関連コンテンツ

寒さ対策におすすめの寝具は?

Q&A

寝ているときに布団では寒いと感じる方は、寒さ対策に寝袋を使用するのがおすすめです。

寝袋であれば睡眠中に体を動かしても隙間ができたり布団がずれたりすることがないので寒さを感じ難いのです。

 

詳しくは以下のコンテンツが参考になります。ぜひご覧ください。

>>「冬の寝袋(シュラフ)の選び方 − 寒い時(朝方)の体験談」

>>「暖房費節約のために寝袋(シュラフ)と布団で比較をしてみた」

キャンプ用のマットにはどんな種類がありますか?

Q&A

マットはいくつか種類があります。

 

【インフレータブルマット(インフレーターマット)】

中にウレタンフォームが入っており、備え付けられたバルブを開くと空気を吸引し膨らむ

キャンプや車中泊での使用におすすめ

 

【フォームマット】

ポリエチレンなどの素材で成型されたマット。蛇腹式に折りたためることができ軽量

登山などにおすすめ

 

【エアーベッド】

ポンプを使って空気を入れ膨らませる。膨らませるとマットレスのようになる。

キャンプや車中泊での使用におすすめ。

 

キャンプでの使用であればインフレータブルマットがおすすめです。

 

◎関連記事

>>寝袋の比較 – 寒い部屋で寝てみた

キャンプで寝るときにマットは必要でしょうか。

Q&A

キャンプでは就寝時にマットを使用されることをおすすめします。

マットには地面の凸凹や冷気を防ぐ役割があります。寝袋だけでは快適に眠ることは難しいでしょう。

 

 

 

◎関連記事

>>寝袋の比較 – 寒い部屋で寝てみた