アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

折りたたみタイプのキャンプマットの良さと寝心地を検証

折りたたみキャンプマット
1+

折りたたみタイプのキャンプマットの良さと寝心地を検証します。数あるキャンプマットの中から、折りたたみマットが購入候補にあがったとき、どこが良くて、寝心地はどんな感じなのか、どんなシーンに向いているのかチェックしておきましょう!

#01折りたたみタイプのキャンプマットの良さとは

折りたたみタイプのキャンプマット(PVC・ポリエチレン製)のいいところは、敷きやすい、扱いやすいところにあります。空気を入れる工程がないので、取り出して地面にサッと広げるだけで使うことができます。寝床づくりに時間や手間をかけられないときはおすすめです。

おりたたみの様子

マットを引っ張ったり、ねじったりしても破れにくく、空気を入れて膨らんでいるわけではないので、パンクの心配がありません。石が多いところの上に敷いて傷が付いたり、岩や木に擦れたりしてもマットの機能が損なわれず、気にせず使うことができます

g-002

折りたたみマットは手軽に使えるというのが特徴。登山やツーリングキャンプ、ソロキャンプに向いとるよ!

蟻畳マットをリュックに吊るして登山をしている写真

(補足)
折りたたみキャンプマットに似た性質のマットにロールタイプのものもあります。これらも登山やツーリングキャンプ、ソロキャンプにおすすめです。

  • 蛇腹マット
  • ロールマット

#02寝心地を比較検証してみた

折りたたみタイプのマットにはホームセンターなどでお馴染みの銀マットもあります。PVC・ポリエチレン製の折りたたみキャンプマットとどう違うのか、寝心地を比較してみました。

※詳しく比較するためにキャンプマットの中でも寝心地がいいといわれるインフレータブルマットも比較対象に加えています。

動画で実際に体感したケンさん、他と比べて折りたたみキャンプマットはどうだったかな?

kensan-005

寝心地はインフレータブルマットが最も良かったです。空気と中のウレタンフォームでマットに厚みが生まれ体を支えてくれるので、さすがにかないません。
折りたたみ式どうしで比べると、PVC・ポリエチレン製の折りたたみキャンプマットの方がよかったです。折りたたみキャンプマットは素材そのものにクッション性がありますし、体に触れるところが独特の形状で成形されているので、寝心地に差が出ているように感じます。
銀マットは凸凹を感じないぐらいフラットさがありましたが、全体的に少し硬さを感じます。

#03折りたたみキャンプマットがおすすめな人とは

g-179

【まとめ】
敷きやすさ、扱いやすさ、軽さを重視したい人は折りたたみキャンプマットがおすすめ

折りたたみキャンプマット

荷物を軽くしたい、手間をかけたくない、扱いやすさ重視のソロキャンプ、ツーリングキャンプ、登山などにおすすめ。

銀マット

折りたたみキャンプマットよりもっと手軽さ重視で使いたいときにおすすめ。また、断熱目的にテントの床面に敷いて使える。

インフレータブルマット

荷物を軽くしたい、少なくしたい場合を除いて、幅広いキャンプにおすすめ。寝心地がいい。

1+