アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

〈検証〉ポリコットンタープの下でたき火をしてみた。耐えられ る距離は?おすすめは?

210_サムネイル
0

ポリコットンタープ(難燃タープ、TCタープ)とはどんなタープか調べてみました。タープの下で焚き火をしたらどうなるのか試してみたり、水に濡らして乾燥するまでの時間をポリエステルのタープと比較したりしました。

#01ポリコットンタープとは

ポリコットンタープとはポリエステルとコットンが混ぜ合わされたタープのことをいいます。一般的なタープにコットンの特徴が加わったタープです(ポリエステル65%、コットン35%の比率で配合されたものが最も多いです)

ポリコットンタープの下で火を焚いている写真

■ポリコットンの良いところ

ポリコットンは火の粉に強く、近くで焚き火をしてもタープに穴が開きにくい、生地の風合いがいいのが特徴です。

ポリコットンタープの写真

コットンとポリエステルのいいとこどりではありますが、コットンの特性である”重い””吸水性が高い”点を引き継いでいます

3m×3mサイズのタープでポリエステル100%のものと比べた場合、以下のようになります。

■タープシートのみの重さ

BearsRock
・ポリエステル(190T 一般的な厚めのタイプ)=0.66kg
・ポリコットン=2.1kg

ポリコットンとポリエステルの重さを比べたイラスト

乾きにくいという点では、タープの撥水加工の効果が低下すると、コットンの特性で水分を吸収しやすく乾きにくくなります。

#02おすすめのポリコットンタープの下で1時間焚き火をしてみた

火の粉に強いポリコットン。
ゴリラキャンプ部おすすめの「しろくま焚き火タープ」の下で焚き火をして検証しました。

しろくま焚き火タープ」の下で焚き火をしている写真

【検証1】タープの高さ=210cm

タープの高さが210cmで焚き火を始めましたが、全然穴が開くことはありませんでした。 タープと炎の距離は150cmくらいでした(※炎の先から生地までの距離です)。

高さが210cmのタープの下での焚火の様子

【検証2】タープの高さ=160cm

ポールの中間1本を抜いて160cmまで低くしてみました。タープと炎の距離は約100cmぐらいです。それでも穴は開きませんでした。

高さが160cmのタープの下での焚火の様子

【検証3】タープの下で1時間焚き火

次に1時間タープの下で焚き火をしてみました。 タープの天井の高さは約180cmぐらいです。タープと炎との距離は120cmくらいです。
1時間経過してもタープに穴は開きませんでした。

一時間焚火をしてみた

【検証4】わざとタープに炭を落としてみた

普通に使うことを想定して焚火をしても穴が開くことが無かったので、今度は故意にタープに炭を落としてみました!

タープに炭をおとしてみた
 

【動画】しろくま焚き火タープ 耐火検証

※タープの真下で焚き火を勧めるものではありません。使用の際には十分ご注意ください。

#03ポリコットンタープは本当に乾きにくいのか実験してみた

〈ポリコットンとポリエステルのタープで乾きやすさの実験をしてみました!〉

ポリコットンのタープとポリエステルのタープの写真
乾きやすさの実験記録の写真

【動画】しろくま焚き火タープ 撥水性検証

★今回使用したポリコットンタープはこちら

しろくま焚火タープの商品ページへのリンク
スタッフA15

おすすめです♪

0