アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

軽自動車におすすめの車中泊マット~タントを使ってサイズ・寝心地を検証してみた

1+

軽自動車で車中泊を楽しみたいなら、収納がコンパクトになるインフレータブルマットがおすすめ!今回はタントを使用して、実際に車内を測ったり、マットを敷いたりして、一番快適に寝られるマットを選んでみました。タント・N-BOX・ハスラー・スペーシアなどの軽自動車で車中泊をお考えの方はぜひ参考にしてみてください!

#01軽自動車で車中泊できる?

軽自動車で車中泊はできる?

…という訳で、
まさおくんが軽自動車にぴったりのインフレータブルマットを選んでくれることになりました。

スタッフC034

「軽自動車にもマットは敷けるの?」
「シートの段差は解消されるの?」
「寝心地はどうなの?」
「マットの厚さはどれくらいがいいの?」

そんな疑問に答えるべく、実際に軽自動車にマットを敷いて検証してみます!

スタッフC021

#02タントの車内の広さや段差は?

今回使用する車はタント

※今回はタントを使用して検証していますが、N-BOX 、スペーシア、ハスラーなどの車種でも参考にしていただけます。(軽自動車の規格は同じなので以下の表のように室内の広さは大体一緒なんです)

参考資料(軽自動車の車内の広さの一覧表)

※メーカーHPの室内幅は運転席窓から助手席窓の間を計測しているので、まさおくんが実際に測った数値と異なります。

スタッフC

タントの座席を倒してみたら、こんな感じになりました

たんとの座席を倒してフラットにした状態の写真
車内の長さをはかっている写真
スタッフC019

タントのシートの横幅は広いところで約120cm。まず、このサイズに敷けるかどうかがポイントですね。

スタッフA1

ポイント①
まずはサイズの確認!

スタッフC

次にフラットにした時にできる段差を確認してみます。

車内の段差を確認してみます
スタッフA19

やっぱりシートとシートの間に段差ができてしまいますね

スタッフC019

そうですね。この段差をどれだけ解消できるかも、マットを選ぶ時のポイントになりますね

スタッフA1

ポイント②
段差が解消できるかどうか!

スタッフC

あとは何といっても寝心地の良さ!
この3つをポイントに選んでいきたいと思います

スタッフA4

ポイント③
寝心地が良いかどうか!

選ぶ時のポイント
今回使用するマットの紹介

#03【検証1】タントに厚さ5cmの
車中泊マットを敷いてみた

スタッフC

タントに
厚さ5cmのマットを敷いて寝てみます

厚さ5cmのマット(170cm×65cm)の写真
スタッフA17

縦の長さは十分入りそうだけど、横幅が…軽自動車に2枚敷けますかねぇ?

たんとの車内にマットを2枚敷いた様子
スタッフC019

サイズだけでみると無理そうだけど、ギュッと押し込めば大丈夫!
ピッタリはまりました!

スタッフのミニアドバイス。インフレータブルまっとは狭い所に押し込むことができる
たんとの車内に敷いた厚さ5cmのマットに寝てみる
スタッフのアドバイス。段差にはタオルやブランケットを敷いて隙間を埋めるのが良い
段差にブランケットを入れた後の写真
スタッフC030

2枚がぴったり横幅に収まる大きさでした。1枚だったら余裕で敷くことができます

スタッフC029

思ったより解消されていて、シートの凸凹はあまり気になりませんでした

③寝心地は?
スタッフC029

ブランケットで調整しても「への字」感が多少残りましたが、寝心地自体は悪くないです

#04 【検証2】タントに厚さ8cmの
車中泊マットを敷いてみた

スタッフC

タントに厚さ8cmのマットを敷いて寝てみます

厚さ8cmのマット(190cm×65cm)の写真
スタッフA17

5cmマットより縦の長さが長くなって厚みが増しました…軽自動車に2枚敷けますかねぇ?

タントの車内にマットを2枚敷いた様子
たんとの車内に敷いた厚さ5cmのマットに寝てみる
スタッフのアドバイス。段差にはタオルやブランケットを敷いて隙間を埋める
ブランケットを入れた後の様子
8cmマットの検証結果
スタッフC030

マットの端が少し折れ曲がりましたが、2枚ぴったり収まりました。
1枚だったら十分敷くことができます

スタッフC030

マットの厚さが十分あって、張りもあるので、段差はしっかり解消されていました

③寝心地は?
スタッフC035

これは完璧といってもいいのではないでしょうか。とっても寝心地がよかったです

05軽自動車で快適に寝られる
おすすめの車中泊マットはこれ!

スタッフA29

まさおくん、厚さ5cmと8cmのマットで寝てみてもらいましたが、軽自動車の車中泊にぴったりのおすすめマットはどちらでしょうか!?

スタッフC022

そうですね。
サイズ、段差解消、寝心地の良さを総合的に考えてボクがおすすめする車中泊マットは…

おすすめのマットは厚さ8cm
スタッフA29

なぜそれを選んだのですか?

スタッフC

やはり、サイズ・段差解消・寝心地の3拍子が揃っていたのが決め手ですね

スタッフC

収納のサイズが8cmマットだと大きいかな?と思いましたが、実際に積んでみると大丈夫でした

タントのトランクに車中泊マットを収納してみた
車中泊にびったりのマット検証まとめ

今回の検証で、軽自動車でも車種によっては車中泊マットを2枚敷くことができ、手軽に快適な車中泊空間を作れることが分かりました!
インフレータブルの車中泊マットは、大人が1人寝そべれるサイズがあり、厚みも分厚くしっかり段差を解消してくれて、収納もコンパクト!車中泊にぜひおすすめします!

軽自動車で楽しい車中泊を
g-237

今回使用したマットはこちら

車中泊マット8cmの商品ページへのリンク

車中泊マット8cm(MT-108)の詳細はこちら

しっかりとしたハリと厚みがあり、段差を解消してくれます。
Fit Keeper機能で腰への負担も少なく、車中泊にピッタリのマットです。

キャンプマット(5cm)の商品ページへのリンク

キャンプマット5cm(MT-105)の詳細はこちら

ウレタン入りの枕が付いた、使いやすいサイズのマットです。
キャンプはもちろん、防災や車中泊にも役立つマットです。

1+