アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

室内でも楽しめるテントのおすすめ―子供とおうちキャンプしてみた

0

おうち時間を楽しむ工夫として注目されている、おうちキャンプ!室内にテントを張ったり、寝袋で寝てみたりするだけで、子供も大人も気分転換になりますよ。おうちキャンプにおすすめのテントも紹介しています。

#01おうちキャンプの
いいところ

おうちキャンプをしよう!

おうちキャンプといっても「お庭キャンプ」や「ベランダキャンプ」などありますが今回はお部屋でテントを張って寝る「お部屋キャンプ」を紹介しています。

●天気や気温を気にしなくていい
●(家なので)、荷造りしなくていい←忘れ物もなし!
●移動しないのでラク!
●キャンプ場とは違い予約などしなくていいので、いつでも実行できる
●テントや寝袋も汚れないので、片付けもラク!
●屋外キャンプと違い、虫がいないので安心して眠れる
●子供が勝手に遊んでくれる(家の中なので少々目を離しても大丈夫)
●テントを立てる練習になる(防災時やこれからキャンプを始める人の予習に!)
●気軽にアウトドア気分が味わえる

g-022

つまり、おうちキャンプは決まりがないので自由にできるのじゃ!

#02おうちキャンプしてみた(室内)

テントを立ててみた

(※インナーテントのみ使用)

お部屋の中にテント!?と思うかもしれませんが、テントを張るだけで、家の中の雰囲気がガラッと変わったり、秘密基地っぽくて子供たちもテンション上がるの間違いなしです

実際に室内にテントを張ってみた様子
寝袋で寝てみた

テントを持ってない人は寝袋で寝るだけでもキャンプ気分になれますよ♪

おうちキャンプで寝袋を使っている様子
夜の雰囲気を体験してみた

夜暗くなったらアウトドアっぽくランタンを灯して演出してみるのも面白いです。他にも、キャンドルやBGMを流してみるのもグッとムードが出て、話も盛り上がりそうですね。

室内を暗くしてランタンを使っているところの写真

もし寝袋が無くても、テントの中にお家で使ってる布団を持ち込んでも新鮮な感じが味わえます。

テントの中にいつも使っている布団を持ち込んで眠っているところの写真

インナーテント+フライシートだとこんな感じになります

インナーテントと不正シートを一緒に使っているところの写真

#03おうちキャンプにも使える
おすすめのテント

テント選びのポイント

●自立する(ペグがいらない)
例)ドームテントの小型・中型
ワンポールはペグを打たないと自立しない
ワンタッチテントはおおむね自立する
●簡単に立てられる・片付けがラク
●屋内でも屋外でも使用できる
(キャンプだけでなく、室内・庭・ベランダ、どこでもOK

スタッフA29

今回使用したテントはこちら♪

今回使用したテントの写真
室内でテントを組み立てる時に必要なスペースの目安
ハヤブサテント2人用の紹介ページへのリンク
ハヤブサテント4人用の紹介ページへのリンク
ハヤブサテント5人用の紹介ページへのリンク

場所も気候も時間も気にせず、初めての方でもチャレンジしやすいのがおうちキャンプです。

今回はお部屋でもキャンプ風景を紹介しましたが、自宅の庭にテントを張るスペースがあれば屋外に張ってBBQをしたり、ベランダにイスやテーブルを出して食事してみたり、寝袋に入ってゴロゴロしてみたり、工夫次第で快適なおうちキャンプができそうですね。

g-035

色やサイズは好みや部屋の広さに合わせよう

0