アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

広島生まれのアウトドアメーカー

夏のテントの暑さ対策術~手間いらずで涼しいキャンプを楽しみたい方必見~

0

夏のテントのベストな暑さ対策について解説します。夏にキャンプに行けば、テントの中がモワ~っと暑くなって嫌になることがありますよね。そんなふうにならないためには、どのようにテントを張ればいいのか、どんな工夫をするといいのか、今回は手間もお金もかけずに気軽にできる暑さ対策を導き出しました。

#01夏のテントは暑い

スタッフA127

夏のキャンプってとっても楽しいですけど、テント内暑すぎません??

g-013

夏のテントは暑くて当たり前よ!

テント内は家の部屋に比べると狭くて壁や天井(テントのシート)は薄いので、日光に当たると温度上昇が速くて熱がこもりどうしても暑くなってしまいます。

太陽がじりじりとテントを熱する

夏のテントの暑さ対策は、テント内に熱がこもらないようにすること(つまりは風通しを良くすること)、そもそも直射日光が当たらないようにすることが大事であるといえます。

スタッフA44

それってどうしたらいいんですか?

g-031

ワシのとっておきの秘儀を教えてあげよう!!

#02テントの暑さ対策はこれがおすすめ

テントの一番の暑さ対策は・・・
『ヘキサタープの下に
テントを張る』
ことです。

ヘキサタープの下にテントを張った写真
g-135

どう?ワシの秘技!

</div
スタッフA15

なんだか涼しそう~!
詳しく教えてください!

なぜヘキサタープの下にテントを張るといいのか?

矢印

ヘキサタープの下に貼ることで直射日光を防ぐことが出来るから

木の下、林の中など日陰がある場所を選んでテントを張れたらいいのですが、キャンプ場では人気の場所となるので日陰が少ないところにしか張れないこともあります。

タープを用意しておいて、日がよく当たる場合はタープの下にテントを張るように設営したほうがいいでしょう。

タープの下にテントを張れば雨が降っても濡れないのでテントはフライシートを使わなくても大丈夫です。フライシートがなければ風が通りやすく熱も逃げやすくなります

タープの下に張ったテントの写真
ゴリラ部長ワンポイントメモ

上の写真のテントはフライシートを使っているけど、タープの下にテントを張るならフライシートはなくてもいいよ!(タープが雨や日差しを遮ってくれるから)

その方がテント内の風通しが良くなってさらに快適なんよ~

g-030

キャンプシーズンのフリーサイトは涼しい場所は取りにくいんよ

スタッフA117

これなら暑さ対策ができますね

さらに・・・
タープを使えばまわりからテントの中が丸見えにならないので、まわりからの視線を遮りたい人にとっては一石二鳥ですね。

ヘキサタープがあればタープの高さを調整できるので大きめのテントでも暑さ対策に使うことができます。

タープの高さを調節して大き目のテントに影を作る

さすがに大型テント全体を覆うことはできませんが、入口周辺に日陰を増やしてくつろぎ空間を作ることができます。
全体を覆えなくても連結することで照り返しを減らせるので効果があります。

タープを使ってテントの入口周辺に日陰を作る

#03まとめ

夏のテント内が暑いのは当たり前
だけど風通しをよくしたり、日陰がある場所にテントを張ることで改善される。

日陰がない場所であれば、タープの下にテントを張るのがベスト!大型のテントでも入口周辺に日陰を増やしてくつろぎ空間が作れます。

今回使用したのはこのタープです

ムササビタープLへの商品リンク ムササビタープLへの商品リンク-02
0