アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

ソロキャンプ – スタッフまさおくんの体験日記③

第3話
1+

8:おはようございます

 

気が付けば朝になっていました。

朝のテントとタープ
目覚まし時計の音で起きるのではなく、自然の音で起きる朝なんて、
生まれて初めてのことです。

朝のキャンプ場
いいですねぇ~、自然の目覚め
これもソロキャンプの醍醐味です。

朝の気温

朝の冷え込みは思ったよりありませんでした。


男のソロキャンプなので、朝ごはんなんて考えていませんでした。

コーヒー
なので、インスタントコーヒーにお湯を注いだだけです。
お湯はもちろんぬるま湯でした(^^;)

コーヒーを飲む
でも、自然の中で飲むコーヒーは最高!

座ってコーヒーを飲む
コーヒーを飲みながらくつろいでいて、もうすぐ帰るのかと思ったら、
かなり残念な気持ちになりました。

会話1

 

9:片づけてさようなら

 

片付けの時がやってきました。

片付け前
テントの中は結露はしていませんでしたが、テントとタープは朝露に少し濡れていました
そのまま収めようと思いましたが、ゴリラキャンプ部員の言葉を思い出しました。

会話1

 

テントを干す

しっかり干しました(^^)

炭をかたづける

お世話になった炭も持って帰ります。

炭を消す
火が消えていても炭は熱いままなので、水を入れたバケツに入れておきます。

片付け後
ゴミはひとつも残さずに、来た時と同じキレイなキャンプ場にしておきましょう。

ソロキャンプ終了

荷物を車に積み終わったら、これで一泊二日のソロキャンプにお別れです。
自分自身へ「お疲れ様でした」

 

10:編集後記

 

キャンプの知識はありましたが実践が伴っていないので、ソロキャンプなんてできるのかなぁ、と心配していましたが、終わってしまえばあっという間でした。
スローな時間を過ごせた一泊二日の『自由気ままなソロキャンプ』でした。
次回は1人用のキャンプ道具をしっかりと揃えて、スマートキャンプに挑戦したいですね。
早くも上級者編(^^;)
あぁ~解放された感!満載だったぁ!

1+