アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

インフレータブルマットとはー特徴と用途ごとのおすすめのマット

0

インフレータブルマット(インフレーターマット)とは何だろう?基本的な機能や使い方、おすすめのシーンなど丁寧に解説していきます。これを見ればインフレータブルマットを使うのが初めての方でもキャンプや車中泊で安心して使うことができるはず!

#01インフレータブルマット (インフレーターマット)とは?

g-173

昔はアウトドアのマットは銀のマットぐらいしかなかったけど今は快適なインフレータブルマット(インフレーターマット)というものが出てきたんよ

銀マットの写真
5cmのマットの切断面

インフレータブルマットは
こんなに弾力があります!

スタッフA30

銀マットはなじみがありますね。インフレータブルマットは寝心地良さそうですね♪

気持ち良いよ!BearsRockのインフレータブルマットを例に、どんなマットなのか詳しく説明していくね~♪

インフレータブルマットとは、空気を吸い込んで膨らむ自動膨張機能付きのマットのことを言います。地面からの冷気や凸凹をシャットアウトします。

インフレータブルマットが冷気をシャットアウトする仕組みの図解
インフレータブルマットについて説明する画像
g-022

空気が足りない時は人工的に空気を入れられるよ(#02で詳しく説明します)

#02インフレータブルマットの使い方

g-173

使い方を最初からやってみるよ~

使い方① 袋から出して広げるまで
使い方②バルブを開けて空気を入れるためにしばらく置く
自動膨張

膨らみ不足の時は人工的に空気を入れる
(口や空気入れなどで)

使い方④-人工的に空気を入れる方法
使い方 空気入れを使うとき
使い方 空気入れとジェット風船を使う方法
おまけ なぜジェット風船なのか
空気が入ったらバルブを閉める
片付け
 

#03こんなシーンに向いてますよ

3センチ・5センチはキャンプに向いている

[キャンプに向いている]

 

3cm

5cm

サイズ
3cm-1
表の商品リンク5cm-1
車に収納するとこんな感じ
3cm-2
5cm-2
テントに入れるとこんな感じ
3cm-3
5cm-3
 

収納がとってもコンパクトなので、
大人数のキャンプに向いている

適度な厚みで
テント内で寝るのが快適

8・10センチは車中泊に向いている

[車中泊に向いている]

 

8cm

10cm

サイズ
表の商品リンク8cm
表の商品リンク10cm-07
車に収納するとこんな感じ
8cm-2
10cm-2
テントに入れるとこんな感じ
8cm-3
10cm-3
 

10cmに比べると
収納しやすく、使い勝手が良い

車の段差解消に
頼りになる

g-174

インフレータブルマットの仕組みや使い道は分かったかな?

スタッフA117

はい、よく分かりました♪
使用目的に合わせて選ぶと良さそうですね

g-022

そうじゃね!
あとはサイズも結構違うけー、収納や持ち運びのことも考慮してみると良いよ

収納した時の比較
マットへの商品リンクはこちら
インフレータブルマット 3cm インフレータブルマット 5cm インフレータブルマット 8cm インフレータブルマット 10cm
0