アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

おすすめの冬用寝袋〜冬キャン初心者が選ぶポイント

0

おすすめの冬用寝袋はどんな寝袋で、冬キャンプ初心者が選ぶポイントはどんなところにあるのかご紹介します。寝袋は形の違いで保温性や体感温度が違ってきます。冬用寝袋の選ぶポイントを形や温度帯から初心者の方にも分かりやすくまとめてみました

#001冬用の寝袋を選びたい!【漫画】

冬のキャンプ寝袋選びがとっても大事!
ハルちゃんが冬用寝袋を探しているようですが…?

漫画157

知らなかった!寝袋に形があるなんて!

でも実は、冬用寝袋を選ぶ時には寝袋の形がとても重要なんです。

初心者の方々に「寒くて一睡もできなかった」なんてことがないように、冬用寝袋を選ぶ時のポイントをみていきましょう!

スタッフA15

#002ポイント① 形
~ マミー型 と封筒型の違いを比較

寝袋の形は大きく「マミー型」と「封筒型」の2つに分けられるよ。

マミー型寝袋の特徴 】

形がミイラ(英語でマミー)に似ていることからそう呼ばれています。体との密着度が高く、頭まですっぽりかぶれるため、隙間ができにくく保温性が高い寝袋です。

マミー型寝袋の説明

封筒型寝袋の特徴 】

長方形で封筒に似た形をしていることからそう呼ばれています。上から下まで同じ幅で作られているので圧迫感がなく、布団のように使用することができます

封筒型寝袋の説明
g-085

実際に寝袋の中に入って比べてみたよ!

スタッフA15

両方入ってみるとよく分かりますね!
比べてみるとマミー型の方が暖かいです!

g-037

同じ中綿量だったら、封筒型よりマミー型の方が密着度が高いから、体感温度もかなりあったかく感じるんよ

確かに、寒い時ってすき間ができないように布団にくるまりますもんね!

布団のくるまり方の違い
g-034

そういうことじゃね。寒い冬のキャンプにはマミー型の方が適している

g-0001

実際に同じ温度帯の封筒型とマミー型の寝袋を比べてみた動画だよ。

~動画の内容~

冬キャンプや車中泊であたたかく寝るためにはどんな工夫が必要でしょうか?まず最初に、マミー型と封筒型の違いを体感します。そして、それぞれ特徴に応じて冷気を入れないようにしながら、温かく寝るための工夫を説明していきます。
0:00~ マミー型と封筒型を実際に体験!感想はいかに?
6:50~ 封筒型をこうすると暖かく眠れる!

#003ポイント②温度帯
~ 限界温度 と快適温度って?

という訳で、冬のキャンプには「マミー型」の寝袋の方が適している

体に密着していて本当に暖かかったです!

スタッフA42

で…冬に使うにはどのくらいの温度帯のものを選べばいいですかね?

g-025

まず、寝袋の温度には「限界温度」と「快適温度」があることを知っておこう

限界温度と快適温度の説明

商品のページには「限界温度」の方が大きく表示されていることが多いから初心者の方は特に注意!

スタッフA17

私が持っている夏用の寝袋は限界温度が-6℃と書いてありますが、冬に工夫なしでそのまま使うと寒いってことですね。

そういうこと!ワシが体感からすると、冬用の寝袋は限界温度が-15℃以上のものがおすすめじゃね

真冬や雪の中でのキャンプだったらもう「分厚いマミー型寝袋一択」じゃね。

真冬におすすの寝袋 マミー型
g-037

ちなみに春や秋も、時期によって夜は冬並みに冷え込むからマミー型の寝袋の方が安心でおすすめよね

ちなみに春や秋も、時期によって夜は冬並みに冷え込むからマミー型の寝袋の方が安心よね
スタッフA17

もしも封筒型の寝袋で寝ちゃったりしたらどうなります?

g-026

そりゃあ、頭は寒いし足元も寒いしで…

g-019

一睡もできんじゃろうね

スタッフA3

部長、寒かったんですね

もしもし真冬に封筒型の寝袋で寝たら

それでもどうしても「わしゃ封筒型じゃないと寝れん!」っていう人は、工夫をするといいよ!

封筒型でも対策をすれば大丈夫
対策例① 封筒型寝袋を2枚重ねる
対策例3 上から毛布を掛ける

↓↓実際に冬のキャンプでいろいろな寝袋で寝てみた体験談です。ぜひ参考にしてみてください!↓↓

冬の寝袋(シュラフ)の選び方ー寒い時(朝方)の体験談へのリンク

↓↓冬のキャンプであたたかく寝るための工夫を検証してみました。ぜひ参考にしてみてください!↓↓

【検証】冬にあたたかく寝る工夫~おすすめの寝袋の選び方へのリンク
g-031

最後に大事なことをもう1つ!
いい寝袋を選んだとしても、マットは絶対必要じゃけぇね!

分厚い寝袋があってもマットは絶対に必要です
スタッフA8

ありがとうございました!あったか寝袋で冬のキャンプが楽しみです!

#004初心者が選ぶポイントと冬用のおすすめ寝袋まとめ

冬にオススメの寝袋まとめ
冬は冬用の寝袋が必要!

まず、冬キャンプをするには冬用寝袋が不可欠です!寝袋の温度帯は限界温度が大きく表示されていることが多いですが、実際に快適に使える温度(コンフォート温度)を目安に選ぶようにしましょう。

保温性か高いのはマミー型

体との密着度が高く保温性が高いマミー型は冬用寝袋の主流です。頭まですっぽり包まれているため冷気が入りにくく、寝袋内の熱も逃がしにくいので温かく寝ることができます。冬キャンプでは基本的にはマミー型を選ぶことをおすすめします

封筒型はしっかり隙間対策を

ゆったり寝れる封筒型が好みの方は、冬キャンプでは工夫が必要です。マミー型と比べると首回りや足元が広い分保温性に欠けるので、毛布やインナーシュラフなどを使ってすき間を埋めるようにしましょう

マットで底冷え対策!

冬のキャンプで寝袋と同じように重要なのがマットです。温かく寝るためには、地面からの冷気を遮断するのがポイントです。マットで冷気を遮断、寝袋で保温、というイメージで準備しましょう。電源付きサイトではホットカーペットなどを併用するのもおすすめです。

冬にオススメの寝袋のご紹介
スタッフA15

いちばんのおすすめ冬用寝袋のマミー型寝袋-32℃です。
ふっくら包まれ感抜群です。

マミー型寝袋-32℃ 型番FX-402D へのリンク
スタッフB20

秋口から春先まで使えるマミー型寝袋-15℃です。冬にはインナーシュラフと併用するといいですね。

マミー型寝袋-15℃ 型番FX-402 へのリンク
g-036

真冬も安心の最暖マミー型センタージッパー-34℃寝袋!寝袋に入ったまま手を出すことができるのもいいね。

マミー型センタージッパー寝袋-34℃ 型番FX-453G へのリンク
スタッフC

ボクはゆったり寝たい派だから封筒型寝袋-30℃。まるで布団みたいな寝心地がおすすめポイントです。

封筒型寝袋-30℃ 型番FX-503W へのリンク

寝袋と一緒に使うとより保温性がアップしてあたたかく寝れるインナーシュラフもあるよ

くるむんボアフリース
スタッフA4

初心者の方もあったか冬用寝袋で快適冬キャンプを!!

0