アウトドアをとことん楽しむWebマガジン

【検証】冬にあたたかく寝る工夫!おすすめの寝袋の選び方とは?

冬に温かく寝る工夫
0

マミー型と封筒型の寝袋に入って比較検証してみました!冬の寝袋はどのようなものを選べばいいのか、そして、温かく寝るにはどんな工夫をするとよいのかご紹介します。冬用の寝袋を用意しよう、調べたい方はぜひご覧ください!

#001冬キャンプや車中泊であたたかく寝るためにはどんな工夫が必要?【動画】

冬キャンプ車中泊あたたかく寝るためにはどんな工夫が必要でしょうか?

まず最初に、マミー型と封筒型の違いを体感します。そして、それぞれ特徴に応じて冷気を入れないようにしながら、温かく寝るための工夫を説明していきます。

動画で見るとよくわかるよ

#002よりあたたかく寝るにはマミー型がおすすめ

寝袋は「マミー型」と「封筒型」の2つに分けられます。

中綿量はほとんど同じだけど形が違う「マミー型」と「封筒型」の寝袋を用意しました。

マミー型と封筒型の比較

マミー型の寝袋に入ってみます。

マミー型に入ってみる

すごくあたたかいです。想像していたよりも狭くなく、足元も暖かく感じます。

 

次に、封筒型に入ってみます。

封筒型は自由度が高い

広いなと思います。ただ、ゴロゴロするぶんにはマミー型とあまり違いはないように感じます。暖かさはマミー型の方が入ったときからすぐあたたかく感じました

冬はマミー型がいい

同じ中綿量でも、封筒型よりマミー型の方が密着度が高いからあたたかく感じます

マミー型でも幅広と細身がある

マミー型でも幅が広めに作ってあるものもあります。窮屈感が苦手な人は広めのタイプの寝袋を使うといいですね。

 

マミー型がおすすめな理由はもう1つあります。

 

冬の屋外の夜は冷え込みますので、方から冷気が入らないようにすることが大事なんですが、マミー型はフード部分が巻くんでそれがとってもしやすいんですね。

冬にマミー型がおすすめの理由

密閉して鼻と口だけ出すことができます。

 

封筒型だと・・・

封筒型は隙間ができやすい

首元を縛っていくんですが、その成形が難しく、どうしてもヨレてしまって隙間ができやすいです。

首元の開き具合が違う

 

 

マミー型は冷気が入りにくい
部長顔

とはいえ、普通のマミー型だと冷気の侵入を完全に防ぐのは難しいので、ブランケットなどを併用して肩口に入れて使う首から下に冷気は入りにくくなるよ。

 

おすすめ理由
fx-453g

#003封筒型でも工夫次第で温かく眠れる?

「冬でも絶対に封筒型で寝たい!」という人は、何か方法があるのでしょうか?

インナーシュラフやブランケットを使用する

冬に封筒型の寝袋を使う場合は、手持ちのブランケットやひざ掛け、毛布などを中に入れて使用するといいです。寝袋専用にインナーシュラフというものも出ています。薄手で暖かいので扱いやすいです。

 

もう一つの方法は、インナーシュラフ等を顔周りに巻くことです。

顔周りに巻く

こうすることで、首周りの隙間が埋まり、冷気が入らずあたたかく寝ることができます。

隙間を埋めると冷気が入らない

そして、中綿量の多い真冬用の寝袋を使用すると、より広くてあたたかく寝ることができます

中綿量の多い寝袋を使用する
封筒型-15℃比べてみた

自宅にある寝袋と同じような寝心地です。

封筒型を使う場合は

冬に封筒型を使う場合には、毛布とかでちょっと工夫が必要ですね。

 

ワイド幅約90cmで布団並みに広く、毛布などをしっかり入れるとこができる、ゆったり寝たい人に最適、中綿たっぷりで嬉しくなるね後事の冬におすすめのベアーズロックの封筒型寝袋はこちらです↓↓

fx-503w

#004まとめ~朝まで温かく寝る工夫とは?

冬はマミー型が封筒型より温まりやすいので、マミー型がおすすめです。また、マミー型、封筒型にかかわらず、冬は冬用の寝袋が必要です。(マミー型は-15℃から-30℃クラス、封筒型は-30℃クラス。冬は冬用の寝袋でないと寒くて眠れないです。)

 

部長顔

マミー型でも足元が比較的ゆったりとした広めの寝袋もあるよ。

冬向けの寝袋は登山用によく見られるように、足元をギュッと絞り込んで狭い寝袋が主流であるけど、ゆったりしたマミー型も出ているのでこれなら腰から下も広く使えてなおかつマミー型の良さの暖かさの綿への循環もできていいよ。

マミー型幅の比較
冬は冬用の寝袋が必要

 

【キャンプ・登山歴30年以上のケンさんの話】

ケンさん

寒い冬の時期キャンプをするときは、封筒型よりマミー型がおすすめです。マミー型の方が”自分の体温が綿に伝わり寝袋全体に温かさを充満させて全体を暖かくする”=(暖かい体温の循環効果)が高いのでより冬に向いています。
封筒型だとマミー型に比べ密着度が薄く幅広で大きめな分、循環が行き届かず弱いので、特に5℃を下回った環境では少し寒い思いをするかもしれません。私の体験では腰から下が特に寒かったです。
ただ、封筒型にはゆったりとした空間で眠れるという良さがあるので、もし封筒型を冬に使用するときは次のような対策をするといいです。封筒型にできる余分なスペースをブランケットや毛布などで埋めて冷気の空間を減らしたり、顔周りをブランケットで包んで外からの冷気が入らないようにするといいです。
余分なスペースを毛布で埋めても、5℃を下回る気温だと腰から下、特に足元が寒々するので、蓄熱式湯たんぽやホッカイロ(低温やけどに注意する必要あり)などを併用するといいと思います。

インナーシュラフで埋める

 

 

 

0